今年も激アツ!夏の文庫フェア。角川文庫の【カドイカさんとひらけば夏休みフェア2024】KISHOWさんと文ストの朗読もあるって?

本や読書。

 さぁ~今年もこの季節がやってきましたね~。それにしても…今年も熱いですよね~。もぅ、本屋さんに行くだけで熱中症になっちゃいそうですが…本を読む人は、夏を過ごすのがうまい。ということらしいので、今年もしっかりと積読タワーを積み上げて…日差しをカットしたいと思います。
 まぁ…本が傷んでしまうんですけど…。

スポンサーリンク

えっ?今年はカドブンじゃないの?

 過去2年くらいは…カドブンだったんですが…今年はタイトルがかわりましたね~。

カドイカさんとひらけば夏休みフェア2024とは…?

カドイカさんの公式HPより…なんか、すごい!

 2年前くらいからですかね~。ハッケン君からキャラクターがカドイカさんにかわりまして、お墨付きをいただけるというフェアでございます。

 カドイカさんとひらけば夏休みフェア2024公式HPはコチラ ⇒ タイトルが長いね~。

小冊子をもらいましょう~。

夏っぽいな~。

 今、本屋さんに行くと、このような小冊子をもらうことができます。
 カドイカさんのフェアは…ぜひ小冊子で見ることをお勧めします。情報量が多いですから…。

今年のテーマ

 毎年テーマがあったのかどうか…ちょっと定かではないのですが、今年のテーマはいいとおもうんですよね~。

 「本をひらけば、どんな夏?」ということで、1冊の本を選んで読むというのは、結構難しいことですよね~。星の数ほどある本から、いったいどうやって面白い本を見つければいいのか…。
 そこで、カドイカさんのアドバイスとしては…

  カバーイラストが可愛い。
  推しが好きと言っていた。
  あらすじが面白そうだった。
 きっかけは、なんでもいいので、目にとまった1冊をためしに開いてみよう~!

 というテーマなんですよね~。いいですよね~。特に、カバーで選ぶ、いわゆるジャケ買いみたいのはすごくいいと思うんですよね~。

気になるラインナップ!

 というわけで、どんな表紙の、どんな本があるのかというのが気になると思います。このブログでは…ちょっと、表紙までは紹介できませんが…ワタクシがいい!っと思った表紙の本を紹介したいと思いますので、気になった方は小冊子、もしくは公式HPで表紙をチェックしてみてください~。

 今年も色々なジャンルに分けられているのですが…小冊子によると…
  本の旅にはじめてでかける君へ! はじめての扉 13冊
  号泣文庫 4冊
  わくわくの謎とあっという驚き! ミステリの扉 15冊
  ハラハラ文庫 4冊
  怖いものみたさにご用心! ホラーの扉 8冊
  猫文庫 2冊
  時代を超えて共感 名作の扉! 13冊
  マスキングテープコラボカバー 4冊
  大活字でよめる文庫 4冊
  時代文庫 2冊
  どれも絶対外れなし! ベストセラーの扉 16冊
  ごちそう文庫 4冊

 という、とてつもない豪華なジャンル分けになっております~。すごいですよね~。
 各ジャンルで1冊紹介しても、全部で11冊になりますからね~。まぁ、それではご一緒に小冊子の扉を開いていきましょう~。

本の旅にはじめてでかける君へ! はじめての扉! 

 このジャンルは…ジャケ買いを狙ったような…まさに、素敵な表紙の本が多いですね~。これは、迷ってしまいます。

①かぞえきれない星の、その次の星 重松清 836円(税込)
 重松さんの本ですから…絶対面白いし、読みやすいと思う。

②オオルリ流星群 伊予原新 880円(税込)
 星が続いちゃいましたが…気になります。明日につながる優しいエールの物語ということで、安心して読めそうです。

 それ以外にも、表紙がいい本があります。一見の価値ありますよ。

号泣文庫

 もう、号泣確定って言う作品ってことですよね~。

③永遠についての証明 岩井圭也 748(税込)
 この作品がデビュー作ということですね~。数学と青春の物語ということで、表紙もいい感じです。勉強にもなるかしら…。

わくわくの謎とあっという驚き! ミステリの扉!

  まぁ、ミステリーにも…こう、幅があるじゃないですか…社会に問いかけるような重いものから、ギャグ的なものまで…まぁ、だいたい表紙で判断するしかないんですけどね~。

④黒牢城 米澤穂信 1056円(税込)
 第166回直木賞を受賞した作品です。文庫で登場~てやつですね。表紙から判断すると…本格的なミステリだと思いますが、ポイントは時代背景が戦国時代と、謎を解くのは…黒田官兵衛!
 あの…黒田官兵衛なんでしょうか…気になりますよね~。

ハラハラ文庫

 たぶん…心臓に悪いということですよね~。

⑤消えない月 畑野智美 924円(税込)
 こちらも、表紙は素敵なんですが…読むのには相当の覚悟が必要かもしれません。表紙に、すごくたくさん書いてある…。

怖いものみたさにご用心! ホラーの扉!

 怖いのにも色々ありますから、もぅ、表紙で判断するしかないですよね~。

⑥おそろし 三島屋変調百物語事始 宮部みゆき 792円(税込)
 こりゃ~、おそろしいでしょう~。タイトルがそう言ってるんだから…。ただ、江戸のお話ですから、切なくてどこか温かい物語だそうです。これなら、そんなに怖くないかも…。

猫文庫

公式HPより

 猫文庫に触れないわけにはいきませんが…2冊ってどういうこと! もっと色々あるんじゃないの?
困るにゃ~。西加奈子さんの「きりこについて」は昨年かな…読みました。あの時の表紙も良かったですが…物語と関係がない表紙でしたが、今回の表紙は読むと…なるほど~っと思う表紙ですね。

 また…名作には入らずに猫に分類された、夏目漱石の「吾輩は猫である」。…うん。読んでもいいんだけれどもね~。

時代を超えて共感! 名作の扉!

 こちらはですね~。この名作の扉の中にも…いろいろな別れ方があるので…ちょっと、ややこしくて大変です。

 まずは、文豪ストレイドッグスのアニメビジュアルカバーということで、9冊でているわけですが…文ストも漫画が25巻が先日発売されて…解決するんだろう、そろそろ終わるのかなと思っていたわけなのですが…この後、どうなっちゃうんでしょうね~。

朗読企画~!

 ということで、文ストのアニメの声優さんが、自分のキャラクターの小説を読むということだそうです。
 主人公の中島敦を演じる上村祐翔さんが、山月記を朗読!

 アニメでは女性だったので、実際には男性よと知った時に、わが娘は愕然としていた泉鏡花を演じる、諸星すみれさんが荒野聖を朗読!

 アニメで見ていると…つい、えっと、誰だっけ?となってしまう坂口安吾を演じる福山潤さんが、暗い青春を朗読!

どうやって聞くの?

 小冊子には、QRコードがついていますので、そちらからYouTubeの方に飛ぶようです。
 公式HPにもリンクが張ってありますので、そちらから聞くことができます。15分くらい読んでいますから、世界観にどっぷりと浸かることができますね~。

 上村さんは…よまにゃのナツイチでも朗読してますからね~。大人気ですね~。

てぬぐい へのぬとのコラボ

 角川の名作は、てぬぐい柄のブックカバーとなっております。実際に、お店で同じ柄の手拭いが売っているのでこちらも楽しみにしています。

⑦新訳 弓と禅 オイゲン・ヘリゲル 訳・解説:魚住孝至 880円(税込)
 この表紙の柄の手拭いが売っているなら…買いたいな~っと思っていますが…。どうかな?

マスキングテープとのコラボ

公式HPより

 昨年から始まったカモ井加工紙株式会社さんとのコラボ企画で、マスキングテープでデザインしたような感じのブックカバーになっております。カラフルなんですよね~。

大活字で読める文庫

 今年から始まった…大活字で読める文庫ということで、いや~ありがたいですね~。
 どのくらい大きいかというと…12ptくらいかなと思っております。行間も広いので非常に読みやすいです。

 ちなみに…サブタイトルがついていまして、「100分で楽しむ名作小説」ということらしいのですが…もしかして、前からあったの?

 今回は4冊ラインナップに入ってますが、表紙も華やかで雰囲気が違う感じでいいですね~。

時代文庫

 時代背景が…江戸とかそういった昔の頃の物語ですね~。今回は、ホラーの扉で宮部みゆきさんの「あやかし」だったり、ミステリの扉でも黒牢城だったりと時代を選んでしまっていますが…実際に歴史上に存在したのに現代の感覚とは全く違う世界…ファンタジーのようでもありながら、何か心の奥底でつながっているようなそんな感じにとらわれる時代文庫って面白いと思います。

⑧江戸の探偵 鈴木英治 770円(税込)
 探偵だからミステリなのか…そうは問屋が卸さないのが時代文庫のいいところですよね~。いや、読んでないからわかりませんが…。

どれも絶対外れなし! ベストセラーの扉!

⑨テスカトリポカ 佐藤究 1188円(税込)
 いや、もうコレ絶対面白いと思います。佐藤究さんですよね~。以前、別の作品を別の出版社の文庫で読んだことがありますが、面白かったです。直木賞も受賞している作品ですので、期待大ですね~。

ごちそう文庫

 小説に出てくる食べ物ってとっても美味しそうで、食べたくなりますよね~。それなのに…ごちそう文庫なんてことになったら…大変な事になるのではないでしょうか…。

⑩ネコシェフと海辺のお店 標野凪 792円(税込)
 サバトラの猫シェフと海鮮料理…悩みがなくてもたどり着きたい…。これは、猫文庫じゃないの?

⑪猫目荘のまかないごはん 伽古屋圭市 792円(税込)
 これは…表紙に猫は描かれていますが、猫目荘というアパートですからね~。ただ、そこのまかないごはんが魅力だそうです。まかないが出てくるということは、誰かが作ってるということですからね。気になるところです。

さらに、もう一つのコラボがあった!

公式HPより

 なんと、谷川紀章さんとのコラボ~!声優なのか歌手なのかわからないくらい、どちらでも大活躍のKISHOWさん。
 アニメでは…進撃の巨人のジャンが有名でしょうかね~。あ、文豪ストレイドッグスでも中也でお馴染みですかね。太宰さんとの掛け合いも魅力の文ストですね~。太宰さん役は宮野さんですから、お互いに音楽に舞台に大活躍のお二人という感じですね~すごい。
 我が家では、宮野さんと言えば…ウルトラマンですけどね~。

朗読もある~!

 そんな、KISHOWさんが朗読をしてるっていうんですから…聞かないわけにはいきませんよね~。しかも、3冊ですよ。しかも…これ…買わないと聞けないってわけじゃないですよね…。
 公式HPのリンクをたどっても…小冊子のQRコードを読み込んでも…無事に聞けます!

 まずは…朗読を聞いて、気になった本を買ってみましょう~。

⑫人獣細工 小林泰三 770円(税込) 
 まぁ、表紙を見る分には…怖い話だろうけど、そうでもないかな~っと思っちゃいますが、角川ホラー文庫からのラインナップですからね。グロテスクホラーというジャンルらしいので…要注意です!

⑬ユージニア 恩田陸 836円(税込)
 こちらも…表紙が雑誌っぽいというか…週刊誌的な感じですけど…文庫だよね?ミステリーなのかな?

⑭きまぐれロボット 星新一 418円(税込)
 こちらは、先ほどのマスキングテープとのコラボ本でありながら、KISOWさんの朗読というダブルコラボ本でございます。読んだことがある方も多いでしょうけどね~。ショートショートなのでサクッと読めますから、朗読とカバーと合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか~。

プレゼントキャンペーン!

 というわけで、ずらーっとラインナップを紹介させていただきましたが、まだ、重要な記事が残っております。毎年のことではありますが、プレゼントキャンペーンも紹介しなければいけませんよね~。

今年は何があたるの?

 今年も、A賞からD賞まであります~。

公式HPより
公式HPより

A賞が、角川文庫オリジナルトートバック 100名様
B賞が、カドイカさんオリジナルビーチサンダル 100名様
C賞が、図書カード3000円分 270名様
D賞が、フェア限定 角川文庫ブレンドコーヒードリップパックセット(15包入) 30名様

ということになっております。狙い目は、トートバックとビーチサンダルですが…カドイカさんのトートバックではないようなので…やっぱり、ビーチサンダルですかね~。

応募方法~。

 応募方法は、2種類あります。KADOKAWAアプリから購入した時のレシートで応募する方法と、帯についている応募券をハガキに貼って応募する方法です。

 ただ、現在、KADOKAWAアプリはシステム障害の影響で、一時的に利用できないようです。復旧後アプリからの応募を受け付けるそうですので、それまでレシートは大切に保管しておきましょう~。

応募券での注意点!

 応募券で応募する場合には、注意点があります。ハガキ1枚につき1口の応募ということです。

2024応募券と書いてあります。

 ですので、1枚の葉書に沢山応募券を貼っても無効になってしまうので、注意が必要です。葉書をたくさん書かないといけないわけですが…公式HPでは応募ハガキをPDFでダウンロードすることもできますので、何口も応募する方は利用した方が便利だと思います。
 もちろん、切手は貼らないとダメですけどね…。

締切はいつ?

 締切は、9月30日の月曜日です。土日にしっかりと準備をして、月曜日の朝に投函しても間に合います。また、KADOKAWAアプリでの応募の場合は、たぶん…9月30日の23時59分までだと思います。
 ただ、通信が途切れたり、混雑することも考えられるのでお早めに応募した方がよいかもしれませんね~。

売り場情報~!

 池袋ジュンク堂本店では、フェア棚が大きく展開しております!

3階。

まとめ

 というわけで、角川文庫夏のフェア【カドイカさんとひらけば夏休みフェア2024】をご紹介してきました~。いかがだったでしょうか~。
 今年も、盛りだくさんの角川文庫でしたね~。今年もしっかり購入し、しっかりと応募したいと思いまーす。

カドイカさんとひらく扉はコレだ~!

①ジョゼと虎と魚たち 田辺聖子 600円(税別) 265ページ
 恋愛短編集ということで…あまり、読む機会がないかとおもいますので、マスキングテープとのコラボを機に読んでみたいと思いまーす。

②夜市 恒川光太郎 600円(税別) 115ページ
 100分間で楽しむ名作小説から…恒川さんの夜市を選んでみました…。この小説は、大活字でよめる文庫ということで、通常の本よりも文字が大きく、行間が多めにとられてるということなんです。
 ワードで比べてみると…夜市は10.5ポイントくらいですね~。先ほどのジョゼと虎の方は、もぅ~見るからに文字が小さくて8ポイントくらいですもんね。もぅ~読みやすさが違います!

角川ホラー文庫!

 また、この本の表紙のイラストというか絵というかは、すごくてですね。ウィーン工房壁紙で作られたようです。よくわからないのですが、黒地の部分は京都国立近代美術館と書いてあって…なんだか…すごそうです。

 というわけで、何とか2冊は買いました~。あとは…あれとあれと…あれはどうしよっかな~。

読んだ~!

夜市

 夜市を読みました~。いや~、文字が大きくて読みやすいです。スラスラ読めました~。非常にありがたい試みだとおもいますが…電子だったら文字の大きさも自由自在ですよ…と言われてしまうと…ぐぅの音もでなくなっちゃいますね~。さて、

 ホラーなのか怖いのか…というと怖くはないです。物語としても面白いかどうかと聞かれたら…面白いと思います。ただ、設定が…統一されていないという感じを受けてしまうという事は…いまいち、物語に入り込めないということなんだと思います。
 動機が弱い感じがするんですよね~。どうして、そうしたいのか、どうして、連れていくのか、どうして今なのか、どうしてそうなっているのか…。もちろん、すべてが明らかになる必要はなくて、読者の想像にお任せしていただいてもいいんですけど、それには、それなりの力が必要なんですよね~。

 まぁ、この作品はデビュー作ということですから、これからの活躍に期待したいと思いますし、世界観はいいと思いますので、面白い作品を楽しみにしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました