なんと!岩波新書の新赤版2000点突破~!そして…記念プレゼント企画もあるよ~!

本や読書。

 さて、皆さん。ついに岩波新書を紹介する時がきましたね~。
 しかも、新赤版が2000点を突破したといういうんですから…すごいですよね~。

 ただ…確かに、岩波新書といえば、よく聞きますが…皆さん、読みますか?
 実際は…あまり手に取ることが少ないかもしれませんね~。ちょっと…難しそうな感じがしますよね~。

 そこで、今回は…プレゼントに応募しつつ…岩波新書の魅力をたっぷりお届けしちゃいまーす。

スポンサーリンク

岩波新書って?

 岩波といえば、岩波文庫が有名ですけれども、岩波文庫は古典的な価値をもつ本を発行しているのに対し、岩波新書はその時々に話題にしたい内容の本を発行しています。

 つまり、岩波文庫は古典として読み継がれていく価値のある本というのに対して、岩波新書は、今、そして未来を見るための本と言えるのではないでしょうか。新書のタイトルをみると、今何が問題で、どんな考えが広がっていて、過去にはどんなことがあって、そして、これからどうすればいいのかを問うという知識の最前線でもあるわけで、そこから未来を見通していくことができるのではないか…と思ったりもします。

岩波新書が一番最初の新書?

 本を新書という形式で発行したのは、岩波新書が初めてだそうです。なんと、1938年11月20日創刊ということで…昭和13年だそうです!
 すごいですよね~。創刊当時は現在と似たような赤色の本だったそうで、通常こちらを赤版と呼んでいます。

以前、古本屋さんで手に入れた~。
昔は、栞ヒモもついていたんですね~。切れちゃってるけど…。

色も色々あるの?

 岩波文庫のように、ジャンルで分かれてるわけではないのですが、創刊当時の赤版は101冊発行されたそうです。
 その後、装いをあらたに青版というのが発行され、その後、黄色版になり、1988年の岩波新書創刊50周年のときに、新赤版というのになったそうです。

 いや~、すごいですよね~。ワタクシは、気づいた時には新赤版でしたし、黄色とか青というのは古本でしか見たことがありません。青というよりは…緑だったような気がするんですけど…我が家にも何冊かあったような気がしますけど…いずこへ~。

青版…こちらも古本屋さんで手に入れてますね~。

新赤版が2000点!

 1988年から新赤版になったわけですが、その新赤版だけで2024年の1月に2000点を達成したということなんですね~。すごいですよね~。

こちらが、新赤版! カバーがついています!

 ちなみに、全部合わせるとどれくらいになるかというと…赤版が101冊、青版が1000冊、黄色が396冊、新赤版で2000冊なので…3497点ってことですかね~。すごいです!!

新書戦国時代!

 岩波新書もそうですが、新書といえば講談社現代新書中公新書も忘れてはなりませんよね~。新書御三家と呼ばれていたとかなんとか…。

 ただ、読書人口が減っているなかで、多くの出版社が新書に参入していますよね~。本の内容も写真が多かったり、カラーだったりと、より分かりやすく読みやすくなっています。忙しい現代人にとって、今知っておきたいことや考えておきたいことをさらりと読める新書はとても便利ですので、ワタクシも重宝しているのですが…。

 逆にさらりと読めすぎて…深く考えずに知ったような気になってしまうという問題点もあるとおもうんですよね~。新書を読んで、面白そうなことを見つけて…深堀したいと思っているのですが…なかなか難しいんですよね~。

時代の輪郭 2000点突破目前

 じつは、2023年には2000点突破目前の企画で、「時代の輪郭30人の30冊」ということで、新赤版のロングセラーの30冊が特製の帯つきで販売していたんですよね~。

 どんな30人なのか…そして、どんな30冊なのか…というのは、公式サイトがありますので、そちらを見ていただけるといいかな~っと思っております。

 岩波新書「時代の輪郭30人の30冊」公式HPはコチラ ⇒ これから買うぞ~。

ここから岩波新書がさらに変わった!

 時代の輪郭30人の30冊にも入っている、柄谷行人さんの「世界共和国へ」という本の番号が1001でして、この柄谷さんの本からカバーデザインが変更になっています。上の方に写真がでている「中世の奇蹟と幻想」はタイトルが横書きですが、柄谷さんのは縦書きになっています。
 さらに、なんといってもカバーがマッドになったことが大きいです。前は、ツヤツヤしていたのが…肌触りもよくスベスベしていますね~。かっこいいです。女性の方が、フーッと吹いているイラストも付くようになりましたね~。

やっぱりコレでしょう~。

そして…2024年1月に2000点突破~!

 ということで、岩波新書のプレゼント企画がスタートしたということなんです~。その詳細は…。

購入者全員プレゼント~!

 2024年1月から3月に刊行された岩波新書3冊を購入し、帯についている応募券をおくると…新書風読書ノートが必ずもらえるそうです!

公式HPより

さらに抽選で…!

 さらに抽選で50名様に、なんと!〈新書から始まる。マグカップ〉も当たるそうです!

公式HPより

 これは…欲しいですね~。何も文字が書かれてなくても…もう、わかりますもんね。これはいいですね~。ただ、デザイン等はまだ確定というわけではないそうなので、変わる可能性もあるということですが…青とか黄色とか…揃えたくなっちゃいますよね~。

締め切りを要チェック!

 締め切りは、2024年4月末日(当日消印有効)だそうです。4月30日は…火曜日ですので、当日に郵便局に飛び込んでも大丈夫ということですね~。

ラインナップはどんな感じなの?

 さて、最後に気になるのは1月から3月の新刊ということですから、どんな本が刊行されるのかというのが気になるところですよね~。
 ただ、公式HPを見ても…まだ1月に刊行された6冊と、2月に刊行予定の3冊の本しか情報がないんですよね~。2月の本は20日に発売ですので、2月下旬くらいになれば3月の予定もわかるでしょうし…でそろってから3冊を決めたいな~っと思っております。

 わ、忘れないようにしないとね~。というわけで、岩波新書の2000点突破特設サイトをブックマークしておきましょう~。

 岩波新書 新赤版2000点突破記念プレゼント特設サイトはコチラ ⇒ 悩み多き日々が続くよ~。

また、岩波新書の特設サイトでは、岩波新書の歴史やマークや扉絵などの秘密も書いてあるので、普段何気なくみているマークの意味を確認してみてはいかがでしょうか~。

売場情報~   2024年2月10日更新!

 とはいっても、まだ本が出そろってないこともあり、あまり大々的な感じではないですね~。それよりも…今も、青版とか黄色版って売っているんですね~。知らなかった~。

ジュンク堂池袋本店より

 という風に上では書きましたが…ぢつは…売り場の写真を撮ってました~。ただ…現在は、このような感じにはなってません。これは、直木賞とか芥川賞とかの発表前だったような気がしますね~。

ジュンク堂池袋本店…覚えてないけど写真撮ってたみたい…!

 棚の下の方にある目録はいただきました~。

まとめ

 というわけで、岩波新書のプレゼント企画について紹介させていただきました~。
 まだ、どの本を買おうか悩みつつ…立ち読みしつつ…選んでみたいと思いまーす!

コメント

タイトルとURLをコピーしました